いやいや、気付けば更新が半月ほど停滞してしまってましたね(;^ω^)
ちょっと他事していたってのもありまして。。。

まぁ、焦らず自分のペースで更新するのも、ブログを継続する秘訣でもあるわけで
ぼちぼちやっていこうかと思いつつ、お待たせしているのも心苦しかったりもする
今日この頃であります。

気長にお付き合いいただけたら幸いです。m(_ _"m)

さて今回は、納車当時からずぅ~っと気になってた『ホーンボタン』の傾きを
何とかしてやろうと言う事で、トライしてみました。

IMG_2150

ホーンを鳴らすと外れちゃいそうでしょ。。。あまり鳴らさないけども。

ボタンを取り外してどうなってるのか見てみます。

IMG_2232

こんな感じで外れます。裏面を見ると。。。
針金っていうのか、ストッパー兼スプリング的なもので固定されているんですね。

IMG_2231

ストッパーを取り外してバラバラにしちゃいます。
いくつか載ってませんがこんなパーツで構成されています。

IMG_2229

ホーンボタンが傾いているのは、ボタン自体の羽のような所が磨滅しちゃってるんです。

IMG_2227

さぁ、どおやって直しましょうかね。。。
プラリペアと言う型もとれる物があるんですが、店頭での購入はかなり高額。

2液タイプの接着剤とも思ったのですが、色々商品を眺めていて決めたのがこれ。
エポキシパテなんて、超懐かしい!

IMG_2226

ただ、こんなにいっぱい要らないんですけどね(;^ω^)
とは言え、必要な物だし500円ほどなので、他の用途も期待して購入。
早速、作業に取り掛かりましょう。

使用方法や条件など、台紙の裏面に記載がありますのでよく読んで使用しましょう。
必要量を切り出して、しっかり練り込んで、該当部分に盛っていきます。

IMG_2228

水で濡らしてヘラなどで整えると表面が綺麗に仕上がるんですが、見えない部分だし
削ってサイズ調整する必要があるので、このまま24時間放置。
その後ならペーパーなどで削れる硬度が出てきます。

と言っていますが、我慢できない私は、一晩乾燥させただけ。(;^ω^)
カッターナイフで高さと外周サイズを調整しました。

IMG_2234

今回手直しが必要だったのは2ヶ所。全部で3ヶ所に羽の様なものが付いてます。
はめ込んでみるとこんな感じ。

IMG_2233

見栄えは悪いですけどね、先ほど言った通り見えない所ですからね。。。(;^ω^)
高さと操作感を確認しながら微調整して、納得いくところでボタン全部を組み戻し
ハンドルに戻します。

IMG_2235

多少傾いてる感があるかもしれませんが、最初よりは雲泥の差でよくなりました。

IMG_2236

細かな部分でも、思い通りに直せると嬉しいですよね♪

次はどこ直そうかなぁ。。。
塗装もしたいから早くあったかくなってほしいものです。