インフル療養中 3日目、診断された直後に『イナビル』を飲んで(吸って)
その日の朝39.3℃あった熱が、夜には36.3℃まで回復。

昨日まで多少のフラつきはあったものの、今では鼻声を除けばすこぶる元気!
もぉ仕事行けるんですけど...拡散防止のため会社ルールに則り療養しましょ。


今回は、一週間遅ればせながらの『東京オートサロン 2018』レポートをお送りします。

1月14日(日)14時頃から閉館までいましたが、結局全部は回れていません。
写真総数は、ミスショットも含めて250枚程。

私の主観で選んだもの約90枚程を掲載していこうと思います。
詳しいコメントは期待せず、画像をお楽しみ頂く感覚でご覧下さい。m(_ _)m

まずは、会場入っての風景、パノラマ風につなぎ合わせたので違和感ありますが。

auto3

この写真は、退館時に撮ったので人がまばらですけど、最終日だけあってか
かなりの人が来場していました。

『オートサロン』の前に参加していた『レストア説明会』で話があったのですが
マツダがロードスター レストアサービス事業を立ち上げる際に
『テュフ・ラインランド・ジャパン認定 クラシックカーガレージ認証』を取得しており
第三者によってレストア品質の保証がされていると。

その認証書と、ロードスターのドンガラ(ホワイトボディー)が展示してると伺っていたので
見てきましたよ。

auto2IMG_5563

根強いロードスターファンには、興味をそそられるブースですよね。


HKSブースは、『86』と『スイフト・スポーツ』。やっぱり張り出したフェンダーは
たまらんです。

IMG_5551IMG_5553


モチュール(MOTUL AUTECH)は、『GTーR』の展示。
日産自動車では、スーパーGTドライバーである『松田 次生選手』と『千代 勝正選手』の
トークショーが催されていました。
松田選手が『ラジコン』について熱弁されてましたね(笑)。

IMG_5571IMG_5572


TOYOタイヤに展示してあった競技車両、『Facebook 』でも動画見ましたが
サスペンションのジオメトリが半端ない。どんなリンクしてるんでしょうね。

IMG_5566IMG_5567


時折出てくる旧車、名車。『ニッサン サニー』、『トヨタ スプリンター・トレノ』
TOMEIのロゴが輝き、懐かしさ半端ない。

IMG_5583IMG_5588


カスタマイズカーの祭典でもあるので、色々な車両がおります。珍しい車両も然り。
『モーリス』だったり、『日野 コンテッサー』なんて、懐かしすぎてお涙もんですよね。


IMG_5596IMG_5591


『RS☆R』ブースでは、『MAX 織戸』こと『織戸 学選手』のトークショー、立ち話中の
D1選手『日比野 哲也選手』を激写!?

IMG_5599IMG_5611


変わり種としては、スパルタンというか凶器的なホイールナットを激写!
『コンテッサ』のリヤエンジン下回りをミラーで覗ける演出などもユニークですよね。

IMG_5607IMG_5594


で、モーターショーといえば『キャンギャル』がいっぱいいるわけで。
いつもは撮らないのですが、試しに撮ってみたら以外に楽しい♪
皆さん€、お待たせしました!(笑)ここから、ちょいちょい織り交ぜていきますよ♪

IMG_5582IMG_5614

とにかく彼女たちが一度現れると、どこ撮んねん!という程の望遠レンズで接写されている人やらで
入る隙も無いほどの人だかり。そこに小っ恥ずかしさを抱きつつ紛れる自分...(´∀`*)
女性の評価は人それぞれ、特にコメントせず鑑賞用としてご用意しました。m(_ _)m


オフロード車両も沢山展示されてました。

IMG_5606IMG_5609


一つ興味津々で見ていたのが『KUHL JAPAN』の塗装ですね。

IMG_5561

このグリル、ガーニッシュかと思いきや塗装なんですって!!!
かなりの手間が掛かっています。職人技です。この職人技、これだけじゃない。

まずはこちら、隅々に走るラインも当然塗装です。そしてミラーガーニッシュ。
さすがに塗装ではないのですが、手彫りだそうです。お見事!!!

IMG_5765IMG_5557

さらに! 夜間など暗い所では、ブラックにしか見えないボディーカラーから、光を当てると
なんと!! 模様が浮き上がってくるじゃないですか!!!

IMG_5761IMG_5768

ボディーの鉄板にグラインダーで模様を描き、その上からボディー塗装と特殊なクリアーを
何度も重ねて塗っているとか。個人的に、かなり惹かれました。


個人的に応援していた『グッドスマイル・初音ミク』のAMG。今年は生でGT観戦したい。

IMG_5621IMG_5620


GT見に行けば、当然いっぱいいますよね~( ´艸`)ムフフ

IMG_5719IMG_5721
IMG_5727IMG_5728


とにかく、展示車両は、『チャレンジャー』、『ウラカン』、『アヴェンタドール』がゴロゴロ。

IMG_5625IMG_5623
IMG_5634IMG_5641
IMG_5653IMG_5654
IMG_5708IMG_5709

他にも、『モデナ』や『カレラ』『マセラティ』などの輸入車も。

IMG_5677IMG_5731
IMG_5637IMG_5703



JAFもこんな事するんだねぇ、と思ったのでちょっと撮影。閉館前にJAFガール?勢ぞろい。

IMG_5732IMG_5740
IMG_5741IMG_5770


輸入車ばかりでテンション上がっていたところに、国産車がひょっこり現れると、なんだか
ホッとしたりすることも。。。学生達も頑張ってレストアした車両も。某番組で見てたアレっす。

IMG_5627IMG_5632
IMG_5692IMG_5687
IMG_5691IMG_5715


国産車が来れば、和風な物もあるわけで。。。(。-`ω´-)

girl5girl4girl3


和服が来れば、こんなのも。。。懐かしの昭和時代。お父さんどおですかね(笑)

IMG_5666IMG_5669
IMG_5674IMG_5672


これまた懐かしの名車達。人だかりがすごくて、なかなかシャッターきれなかったのが『コスモ スポーツ』
若者よりも、年配の方が『懐かし~』と言いながら寄って来てましたね。

IMG_5689IMG_5690
IMG_5753IMG_5748


なかなかシャッターが切れないと言えば、やっぱり『綺麗なお姉さん』達ですよね。
最初は、小っ恥ずかしさを抱きつつファインダーを覗いてたのに、慣れてきたのか
視線が向くまで待っちゃってましたね。(*´д`*)

girl1girl2


懐かしい車両や私好みの車両、いっぱい見てきました。ようやく後半戦に入っていきます。

『ロードスター』よりも早くから『レストアサービス』が開始されている『NSーX』。
レストアすると1,000万円だとか。。。ひぇ~。

IMG_5705IMG_5704

個人的には、4枚ドア好きっす。

IMG_5706IMG_5707

でも今買うとしたら、欲しいのってこっちかもしれないなぁ。

IMG_5766IMG_5767


こんな車の助手席で、にっこり微笑んでくれる女性はいかがっすか?(*ノωノ)ポッ

girl6girl7girl8


こんな女性を乗せてドライブしたい車はまだまだありますが、輸入車カスタマイズ最優秀賞?の
『コルベット』なんかは私好み♪

IMG_5639IMG_5640

で...『これって何?』の言葉が飛び交ってた車両、ベース車両わかります?

IMG_5644IMG_5647
なんと!『BMW Z4』なんですよね。実は欲しかったりする。( ¯ω¯ )

いよいよ大詰め。来ましたよ、きっと『オートサロンの定番』なんじゃないでしょうか。
スワロフスキーを全面にあしらった『D.A.D メルセデス』、キラキラです。
テールパイプまで飾ってあって、取れちゃわないでしょうかね。。。

IMG_5685IMG_5683
IMG_5684IMG_5686


そして最後に戻ってまいりました。RE雨宮ブース。雨宮カラーの『RX-7』。
エンジンルームも綺麗ですよね~。

IMG_5773IMG_5772


長らくお付き合いいただきました『東京オートサロン 2018』レポート、これと言って有意義な解説も
無かったのではないかと思いますが、私個人がとっても楽しんでまいりました。

心残りなのが、メインゲートと北館を見に行けなかった事と、せっかく来日していた『ドリフトの神様
ケン・ブロック』のデモランが見れなかったことですね。

また2019年、もしくは別のイベントでリベンジしたいと思います。

それでは最後に、『RE雨宮ガール』のサービスショットをお送りしてお別れです。

ご愛読、ありがとうございました! 次回もお楽しみに♪


girl9IMG_5782IMG_5783