めちゃくちゃ寒くなりましたね。皆さん体調崩してませんでしょうか?

こんな寒い季節でも、HOTな話題『NA ロードスターレストアサービス』が
いよいよ始動間近となり、11月17日より、レストアサービス説明会の
参加受付が開始されました。

どうしようか悩んだのですが、応募も参加も無料だし、200名限定なので
当たればラッキー的な感じで応募してしまいました。笑
もし当たったら、やっぱ行くしかないでしょうね♬

と、ロードスターネタで始まりましたが、今回は、もう1台の愛機『ノアっち』の
レポートをしますです。

IMG_1916
今更付けて使うのか? と、自分でも疑問を抱いておりますが、つけちゃいましたよ
『オートクルーズコントロール』、略して『クルコン』。
中古のクルコンレバーが手に入ったので、今回作業をした次第です。

まずは第1弾として、『クルコンレバーの取付』について触れてみようと思います。

ご存知のとおり(?)クルコンレバーは、手元で操作できる位置としてハンドルに
設置されますが、ひとまず、未装着のハンドルがこれです。

IMG_1908
『で?』と思われるでしょうから、次いきます。笑

まずは、エアバック/ホーンパット部を外しますので、バッテリーのマイナス側を
外しておきましょう。

ハンドルの横面、左右にある蓋を外します。

IMG_1906

蓋を外すと星型の凹みになったボルトが出てくるので、トルクスレンチ(T-30)で
緩めます。ボルトは左右にあって、抜けてこないようになっています。

IMG_1909

緩めたら、エアバック/ホーンパットを外します。
今回は、ハーネスが付いていても作業できると判断し、持ち上げずらした状態です。
赤〇部にクルコンレバーの配線を接続、青〇部にビスでクルコンレバーを固定します。

IMG_1911

装着した状態がこんな感じですね。

IMG_1912

レバーは、こんな感じで飛び出てきます。

IMG_1918

後は、外したものを組み戻して完了です。

IMG_1915

IMG_1919

あまりにも簡単すぎて、ちょっぴり物足りない感じはありますが、動作確認は
問題なしだったので、ポン付けできる部品ではあります。

ただ、クルコンの『ON/OFF』状態がメーターに表示されずちょっと不便。
でも使えるので、ひとまずは良しとしました。

とりあえず、レバーの周りがアッパッパーなので、蓋に穴を開けて装着します。
現物合わせで加工したため、本来のカバーとは形状が違うので美しくは仕上げれ
ませんでしたが、とりあえず、レバー軌道とカバーが干渉しないようにしました。。。

IMG_1980

後は、美しくない加工部分の奥が丸見えなので、厚さ0.5mmのゴムシートを
購入して、いい具合に加工してみました。

IMG_1981

IMG_1982

ん~、やっぱ美しくない。。。
でも、あまり見えない部分なので良しとしましたが...残念...
ひとまず使えることもわかったので一件落着ですが、ひょっとしたら配線の
情報が欲しい方も見えるかも知れないので、次のレポートは配線が必要か否かの
確認方法をお届けしようと思います。

今回は、この辺で・・・m(_ _)m






クルーズコントロールキット トヨタ車 汎用 クルコン
AQUA・NOAH/€VOXY・86・ESTIMA・HARRIER など