いよいよ夏らしくなってきましたねぇ。とにかく暑い!
我家のタオル使用量、半端ないです。(;^ω^)

さてさて、皆さんお待ちかね?の『iPhone5s フロントガラスパネル』の
交換作業をレポートしていきます。

まずは、分解編としてアップしますね。

IMG_1658
まずは電源を切って

IMG_1660
SIMカードを取り出しましょう。

IMG_1661
iPhoneユーザーなら、ここまでの作業知っていると思いますが、ピンを押し込むと
カードアダプターが飛び出してきます。

今回は修理キットを購入しました。

IMG_1657
キット詳細は、別の記事で詳しくお伝えします。

キットツールは以下の通りです。

IMG_1659

早速作業開始します!

とにかくネジが小さいので、どこかに飛ばすと発見は不可能かもしれないので
取り扱いには細心の注意を払いましょう。

IMG_1662
まず星形したビス2本を専用ツールで緩めます。

IMG_1663
フロントパネルに吸盤を貼り付け、ゆっくり引き上げます。
が!今回、私のはバリバリになりすぎて吸盤が張り付かず、試行錯誤しましたが
引き上げれませんでしたので、精密ドライバーでゆっくり隙間を作りました。

IMG_1664
吸盤で浮かして作った本体とパネルの隙間に工具を差し込み、吸盤を引き上げながら
分割していきます。

ホームボタンの配線もあるので、勢いよく引き上げないようにしましょう。

IMG_1666
こんな感じで結線されていますので、次に赤〇部分を外します。
ここも精密ドライバーを使って、持ち上げます。

IMG_1670

IMG_1676
金具を外して、配線を外すとこんな感じです。

ホームボタンの配線を外すと内部が丸見えになります。

IMG_1671
次は液晶の配線を外しますが、その前にカバーを外しましょう。

IMG_1672
赤〇部分のネジ、付属の+ドライバーを使用します。
ドライバーが?磁気を帯びてますのでとりあえずネジは引っ付いてきます。

IMG_1673
カバーを外すとコネクター部分が出てくるので、3本の配線を外します。

IMG_1674
本体部分とフロントパネルの分離完了。

IMG_1675
コネクター部分はこんな感じです。

次はホームボタンを外します。

IMG_1677
ネジは3本、右上の配線を止めているビスは、何やら小さい板がついてるので
外す前に方向などを見ておきましょう。
私のように、組み戻すときなんとなくで組む羽目になりますので。(;^ω^)

次はスピーカーユニット。

IMG_1678
ここも+ドライバーで可能です。左側のビスが長くなっています。
間違えて組むことはないと思いますが、一応覚えておきましょう。

IMG_1679
赤〇部の爪が引っかかっていますので、精密ドライバーで少し起こしながら
板金部分を外していきます。

IMG_1686
外すとこんな感じ、スピーカーユニットは簡単に取れます。

そして、デジタイザと呼ばれる液晶パネル?を押さえている板金パネルを外します。

IMG_1683
合計6ヶ所だったはずです。1本だけ少し長いので注意しましょう。

これで分解は完了です。

IMG_1684
新聞紙が背景なので、部品の全容がわかりにくくて申し訳ありません。

この後、『フロントパネル+デジタイザ』のアッセンブリを逆の手順で組み戻していきますが
その前に。。。

IMG_1685
カメラユニット、スピーカー、光センサーなどのパーツが交換するパネルに
ついていない場合があるので、交換品と見比べて必要なものを移植しましょう。

バラせれば組み立てれるはず!?なので画像はありません。m(_ _"m)

頑張って交換したものがこちら。。。

IMG_1695
うほぉ!めちゃ綺麗やん!!

と感動したのもつかの間、電源を入れてみると。。。

IMG_1696
なんじゃこりゃ?スジスジがあって、見にくい。
調光してくれるけど、白く飛んでしまってめちゃくちゃ見にくい。

ラインを立ち上げてみて苦笑。。。

IMG_1697
何ともロゴの幅に白色が集まってきちゃってます(笑)

今回購入したキットそのものなのか、たまたまこの液晶だけがこうなのかわかりません。

しばらく我慢して使っていたのですが、我慢の限界に到達してしまったので
痛い出費ではありますが、元の液晶を使って直すことを決断したのでした。


と言う事で、ざっとまとめてみたのですが、手先の器用さと時間的余裕を持ち合わせている方なら
安価にできると思います。

ただし、いかなるトラブルなど、当方では一切の責任を負いかねますので、チャレンジされる方は
自己責任でお願いします。

次回は、元の液晶に戻す編をお届けいたします。m(_ _"m)